calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

categories

archives

------------------------------------
コラムを書いて欲しいバンドは下記アドレスへ
yrmt_most@yahoo.co.jp
      [条件]
・YoutubeにPVが2曲以上ある
・宣材写真が2枚以上ある
・CDを購入できるサイトがある
ご相談ください。
------------------------------------

 

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2018.07.28 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    甘いバラードを聴くならコレ!思わず惚れちゃう厳選スイートバラード

    0

      JUGEMテーマ:back number

       

       

      男女問わず甘いバラードはふと聴きたくなってしまいますよね。

      でも甘いバラードをYoutubeやipodから探すのは大変...!

      そんな時、ここから参考にして下さいね。

       

       

      ■花束 / back number

       

       

      やはり甘いバラードと言えばback number。

      彼女との何でも無いような恋愛が、急に甘く感じてくる歌です。

      歌としては男子側の気持ちを歌っていますが、その男らしさに女子もキュンとするような歌詞になっています。

       

       

      ■クリスマスソング / back number

       

       

      同じくback numberの"クリスマスソング"。

      こちらはクリスマスの甘い恋愛を曲にしています。

      イントロやPVの雰囲気はとてもクリスマスらしいですが、

      歌詞はいつもの恋愛に置き換えることが出来るような、親近感の湧く歌詞です。

       

       

      ■アネモネ / sumika

       

       

      ダメダメな僕だけど君を愛してる、そんな甘いバラード。

      ちょっとダメそうだけど、こんな人になら愛されてみたい。

      そう思える可愛いバラードになっています。

      自分に自信がない男子も是非聴いて下さい。

       

      ■イエス / Acid Black Cherry

       

       

      一度聴くと「なんだ、切ないバラードじゃん...」と思われがちですが、

      最後まで聴いて下さい、一気にこの曲が甘いバラードに早変わり。

      そんな驚くようなバラードを書き上げるABC、是非一度聴いてみて下さい。

      題名の意味も最後まで聴いてやっと分かりますね。

       

       

      ■愛が呼ぶほうへ / ポルノグラフィティ

       

       

      まさかの"愛"側の歌詞を描くポルノグラフィティ。

      昭仁の歌い方も甘さを感じる美しい歌声です。

      ポルノグラフィティは盛り上がる曲がメイン!と思われがちですが、

      バラードもとってもとっても良いものばかりです。

       

       

      いかがでしたか?

      音楽を聴くだけで幸せな気持ちになれるなんて不思議です。

      是非あなたもワンクリックで甘い甘い気持ちになりましょう。

       

       

       


      渋い大人のロックを聴きたいならこのバンドを聴け!

      0

        JUGEMテーマ:とにかくロック!

         

        "大人のロック"を作っているバンドの曲は、何時になっても色褪せない物です。

        自分自身が年を取るにつれ、その人達の音楽がもっと良く聴こえます。

         

        そんな大人のロックの導入にオススメの音楽を紹介します。

         

         

        ■スモーキン・ビリー / THEE MICHELLE GUN ELEPHANT

         

         

        既に解散してしまった"ミッシェルガンエレファント"。

        その楽曲は渋いロックながらも、"俺ら"を主張する鋭い楽曲。

        その中でもこのスモーキン・ビリーは是非聴いて頂きたい1曲です。

         

         

        ■Sea Side Jet City / Blacnkey Jet City

         

         

        浅井健一がボーカルの癖が強いバンド"ブランキージェットシティ"。

        その魅力が分かった瞬間、もうここから抜け出せません。

        このアダルトなセクシーボイスをロックに乗せて味わってください。

         

         

        ■俺たちの明日 / エレファントカシマシ

         

         

        CMで知っている方も多いかもしれません。

        エレファントカシマシも大人のロックバンドの1つ。

        大人になると色々な壁にも当たりますが、励ましてくれるような楽曲も多いです。

         

         

        ■ハイブリッドレインボウ / the pillows

         

         

        こちらは一転してバラード。

        切なく染みる大人のロックを感じさせられます。

        この曲は特に、年を取るにつれ沁みていく気がします。

         

         

        ■CLOUDY HEART / BOOWY

         

         

        大人のロックの代表、BOOWYです。

        こちらも切ない恋愛バラードを渋く歌い上げています。

        この曲は、大人になった今、若い頃の恋愛を思い出しているような感覚になります。

         

         

        大人のロック、如何でしたか。

        年齢は関係なく、大人のロックの良さが分かった瞬間は嬉しいものです。

        みなさんも是非。

         

         

         

        バンドスコア ミッシェルガン エレファント TMGE106 シンコーミュージック

        価格:2,484円
        (2018/2/27 22:40時点)
        感想(0件)

        MY FOOT [ the pillows ]

        価格:3,084円
        (2018/2/27 22:40時点)
        感想(0件)


        甘い”ボイス“が男女の虜に!?謎バンド「おいしくるメロンパン」とは

        0

           

           

          あのrockin'on groupが企画したROJACKと言う、

          フェスの王様ROCK IN JAPANに出場できる権利を競うイベントで1位を獲得した"おいしくるメロンパン"。

          もちろんそれまでは普通のインディーズバンドでした。

          でもまだまだ聴いたことがない人は多いのでしょうか?

          今回はそんなおいしくるメロンパンの魅力をご紹介します!

           

           

          甘いボイスが爽やかな曲を彩る

           

          見た目からなんとなく想像がつきますが、ボーカルの声はとても甘い高めのボイス。

          でもどこかセクシーさを感じさせ、可愛さを気取って歌っている訳ではありません。

           

          そんなボーカルが感情的になった時の歌声がたまりません。

           

           

          ■爽やか×疾走感をサーフィンで

           

           

          こちらの"シュガーサーフ"は、疾走感と爽やかさがミックスされた作品。

          甘い歌詞をサーフィンするかのような楽曲で、"シュガーサーフ"と言うタイトルを彷彿とさせます。

          甘いボイスなだけじゃない!曲の良さも引き立つ1曲で、導入にはオススメです。

           

           

          ■気だるさからの感情的なサビが癖になる

           

           

          こちらの"あの秋とスクールデイズ"は、学校生活を切ない歌詞でまとめていますが、

          けだるさから始まった歌はサビでは感情的に。

          思わず自分でも歌いたくなるフレーズになっています。

           

           

          ■甘いけど爽やかな不思議楽曲に引き込まれよう

           

           

          甘い甘いボイスと共に、爽やかな"おいしくるメロンパンワールド"に1歩踏み出しましょう。

          まだ駆け出しのバンドなので楽曲が少ないあまり、新曲が待ち遠しくなる事でしょう。

           

           

           

          -王道を聴くなら-

          thirsty [ おいしくるメロンパン ]

          価格:1,458円
          (2018/2/27 21:37時点)
          感想(1件)

           

           

          -もっと聴きたい方は-

          indoor [ おいしくるメロンパン ]

          価格:1,620円
          (2018/2/27 21:37時点)
          感想(0件)


          | 1/6PAGES | >>